• 引越し 挨拶 不在

引越しの為の情報サイト

不在の時の引越し挨拶方法

引越しの挨拶まわりをしても留守となっていて挨拶に伺えないという相手先もあることでしょう。特に都市部だと引越しをしたとしても挨拶まわりという習慣が薄れてきてしまっているというところも多いようです。また、防犯のために居留守という形をつくっているという人も多いようです。そんな時には、どうしていくべきかということを紹介していきましょう。

何度行っても不在のときであるようなときであれば、挨拶の品と挨拶状をビニール袋に入れてドアノブにかけておくことが良いでしょう。こんなとき、お菓子類は止めましょう。賞味期限といったものも心配になってしまうものですし、貰った側としても知らない人からの飲食物といったものには手をつけにくいはずです。挨拶の品とすれば、洗剤やラップといった日用品を用意しておきましょう。

また、挨拶状には引越しのことを知らせる内容のものも記載して同封しておきましょう。また、そこには名前を書いておくと引越ししてきた人の名前を覚えてもらえるというメリットもあるので効果的になります。それに知らない人からの貰い物というものは気が引けてしまいますから安心してもらえます。

どうしても忙しい身のために挨拶まわりの時間をつくることができないのであれば最終的にはドアノブに挨拶品と挨拶状を下げておくことになってしまうかもしれません。それでも、なるべく顔を合わせて直接渡す方法が一番良いでしょう。

やはり、顔を合わせることが引越しの挨拶をすることに意味があるものですし、近所の人であればこれから生活を続けていくなかで何かとやり取りをしていく機会もあるはずです。近所に住む者として持たれる印象といったものも違ってくることでしょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ