• 引越し 挨拶 はがき

引越しの為の情報サイト

引越し挨拶のはがきの書き方

引越し挨拶のはがきには、基本的に新住所で新電話番号といったものを知らせるためのものとなっていますが、転居の理由を簡潔に知らせると共に転居先の風物といったものなどを少し書き加えるようにすると更に喜んでもらえるものになります。

はがきのなかにも書き方といったものがあるので、常識といったものは忘れずに日頃のお付き合いに感謝の気持ちを込めて送るようにしましょう。

転居の理由を記載する場合には、「子どもの成長にあわせて」「両親と同居のため」「転勤のため」などと具体的に書いても良いものなのです。更に親しい相手にはがきを送るのであれば、転居先の様子がよくわかるような言葉を付け加えるようにすると、より丁寧なものになります。11月以降に転居した場合であれば、年賀状と兼用しても良いのです。

はがきに書く内容といったものをしっかりと考えて記載していくということも大切なことですが、転居前にいただいた厚情に感謝をして、今後も引き続いて親交をいただきたいという気持ちを込めて書くことが一番大切なものになるのです。

引越し挨拶のはがきは、すみやかに送ることが大切です。時機がずれてしまっては、誠意のない文章と受け取られてしまうこともあるのです。どんなに遅くなったとしても一ヶ月以内には先方に届くようにしましょう。もしも遅れてしまった場合には、お詫びの言葉を添えておく必要があるのです。

挨拶文の前文には、季節の言葉を含めていきましょう。近年では季節にそぐわない気候が続くこともあり、季節の言葉を選ぶ場合には、注意が必要になってきます。

挨拶文の構成としては、タイトル・頭語(拝啓・前略など)・時候のあいさつ・主文(転居日や転居の理由を簡潔明快に)・末文や結語(先方へ健康などを気遣う言葉を書くのが良いでしょう)・日付・それから一言添え書きをして作成していくことになります。恥ずかしくない挨拶状を作るのであればこれらをしっかりと守って作成していきましょう。

インターネットで検索していけばそのまま使うことのできる転居はがきの文例といったものもすぐに見つけることができます。しかし、そのまま使用するのでは味がない内容となってしまいます。文例といったものは参考にして使用しても良いかもしれませんが、自分らしいアレンジを加えて仕上げていくと気持ちが込められている感が伝わるものになるものなので自分の言葉で一言添え書きをするのも良いでしょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ