• 引越し 挨拶 時間帯

引越しの為の情報サイト

引越し挨拶をする時間帯

引越しをすれば引越し挨拶をするのが当たり前ですが、いつも緊張してしまうものです。「どんな手土産を持って行ったら好印象を持ってもらえるか」「近所に変な人がいたらどうしよう」などと考え込んで不安に思ってしまう人もいることでしょう。

しかし、近所への挨拶まわりというものは引越しの前日から引越し後2日以内には終わらせるようにしましょう。特に遠方からの引越しではないというときであれば「明日引越しをしてご迷惑をおかけします」と気持ちを込めて引越しの前日に済ませると良いでしょう。

そんな挨拶まわりですが、挨拶まわりにも適した時間帯というものがあります。より適した時間帯というものは、土日しゅくじつの昼1時~夕方7時ぐらいまでの間にすることでしょう。平日だと夕食の時間帯を見計らって挨拶まわりに伺ってみるのが良いでしょう。

もし日曜日に引越しをするような場合であれば新居に着いたらすぐに挨拶まわりをしたほうが良いでしょう。荷物が心配になるかと思われますが、大家さんと左右隣とアパート・マンションであれば下の階の方だけならそんなに時間はかからないものです。もし不在であれば、後日改めて伺えば良いのです。オートロックの付いているマンションであれば玄関に引越しを知らせるようなカードといったものを挟んでおくというのも一つの方法になります。

数回挨拶に出向いたとしても不在であったりするときは、あきらめてしまうのも一つの選択肢として考えておきましょう。特に都心においてはファミリー向けではないマンションだと挨拶まわりをしないということも多くなってきているからです。男女にそう違いがあるとは思えないのですが、女性の一人暮らしだと防犯の面も指摘されてきているものなので挨拶まわりを避ける傾向になってきているのです。

もちろん顔みせだけに行くのではなく、挨拶まわりの際には手土産を持って行きましょう。そうお金のかかったものでなくても良いのです。品物の金額としても500円程度といったものが引越しの挨拶まわりに適した品となっているのですが、挨拶品を持って挨拶をすることが重要になってくるのです。それだけは忘れないようにしましょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ