• 引越し 挨拶 書き方

引越しの為の情報サイト

引越し挨拶状の書き方・マナー

引っ越しの挨拶状はどのように書いていますか?適当に書いていたら怒られて常識が無い人と思われてしまいます。引っ越しの挨拶状にも、ある程度決まった書き方というものがあるのです。進学による引っ越し、結婚による引っ越し、離婚による引っ越し、就職や退職による引っ越し、転勤や転職による引っ越し、その他の転居通知によって挨拶状の書き方というものがあるのです。正しいマナーを持って挨拶状を書いていきましょう。

そもそも引っ越しの挨拶状とは、進学や就職、結婚などで引っ越しをしたときに親しい人やお世話になった人へ転居先の新しい住所や連絡先といったものを知らせるためのものとなっています。そんな挨拶状には、書く内容といったものもある程度決まっているものなので覚えておきましょう。

まずは、転居したことをはっきりと伝えることが大切です。それから新住所、連絡先といったものも知らせる必要があります。そして、今後もお付き合いをお願いしますという挨拶文が必要になってくるのです。

引っ越し後となれば荷物の片づけなども含めて公私共に忙しい日々をおくることになります。可能であれば引っ越し後一カ月以内には挨拶状をおくりたいものですが、どんなに遅くなったとしても二カ月以内には挨拶状を出すようにしましょう。

また、12月に転居した場合であれば年賀状を利用して引っ越しの挨拶も兼ねてしまうという方法もあります。そして、転居前に住んでいた住所の最寄りの郵便局には転居届を出しておくようにしましょう。

この転居届とは、一年の間以前住んでいた住所におくられてきた郵便物を新しい住所あてに無料で転送してくれるサービスのことをいいます。

挨拶状には、季節をあらわす言葉でもある時候の挨拶というものも挨拶状の冒頭には使うので季節ごとの挨拶というものも調べておきましょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ