• 引越し 挨拶 書き方

引越しの為の情報サイト

引越し挨拶文の書き方

挨拶文といってもある程度決められている書き方というものがあるのです。引越し挨拶文というと、ただ単に新住所とちょっとした一言を付け加えておけば良いと考えている人も多いことでしょう。しかし、きちんとした書き方といったマナーを守っていないと常識が無い人ととらえられることもあるので挨拶文一つといったとしても書き方には注意しなければならないのです。

そもそも挨拶文には、相手に対してのお礼の気持ちといったものや敬意を表すもの、何らかの通知を敬意を持っておこなうためのものです。近年では、携帯電話や電子メールといったものがとても発達してきており改まった挨拶文というものを書く機会さえ少なくなってきているはずです。それでも、引越し挨拶文はきちんと手紙やはがきといったものを使うべきです。

挨拶文の内容を築いていくための構成といったものはある程度決められているものです。この機会に一通り理解しておくというのも良いでしょう。

引越し挨拶文のなかでは、冒頭に時候の挨拶・ちょっとした一言と新住所や連絡先といったものを書き加えておくというものがマナーというものです。

引越しの挨拶文というものは、引越しをした際に親しい付き合いをしている人であったりお世話になっている人にも引越し先の住所といったものや連絡先といったものを知らせるためのものになっています。

ただ引越しの挨拶文のなかでは新住所と連絡先を伝えるだけではなく、引越しをした理由といったものを書き加えたり、相手のことを気遣う文章といったものや今後とも引き続きお付き合いのほうをお願いするような文といったものも添えておくと更に良いでしょう。

親しい人に挨拶文をおくる場合であればある程度崩した文になっても良いかもしれませんが、基本的には頭語と結語で仕上げられている挨拶文が適したものとなっているものです。

もちろん引越しをした挨拶文となるのですから、転居したことをハッキリと伝える言葉・文章といったものをきちんと記載しておくことが一番大切になってくるのです。季節感といったものを大切にするようであれば時候の挨拶といったものも書き添えておくと更に好印象を持たれることがありますよ。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ