• 引越し 挨拶 管理人

引越しの為の情報サイト

引越し先の管理人への挨拶方法

引越しをするときには、転居先の管理人さんへも挨拶が必要になってくるものです。引っ越し後の挨拶といったものも大切になりますが、引越しの前にも挨拶をしておくと更に良いでしょう。

特に引越しシーズンとも言われている3,4月などの時期にはマンションだと引越し日といったものが多く重なることがあるので事前に連絡をしておくと管理人側としても助かるものなのです。挨拶がてら電話を一本入れておくようにすれば他の部屋の引越し時間が重ならないように調整をすることもできるのです。そうすると引越し作業といったものもスムーズに進めていくことが出来るようになるのです。

事前挨拶というものは、引越しをする一ヶ月~2週間前ぐらいまでに連絡をしておくと良いのです。管理人さんの連絡先というものも不動産会社から聞けば分かるものなので電話連絡といった形だけでも挨拶をしておくと良いでしょう。

管理人さんに挨拶をしようとすると妙に緊張してしまう人が多いはず。しかし、管理人さんとは言えども、そう畏まることはありません。簡単に挨拶をしてから引越しをする日時といったものを伝えていけば良いのです。そう難しいことではないものなので変に緊張する必要はないのです。マンションであれば同じ日に他にも引越しをしてくる入居者がいるのかどうかということも聞いておくことも良いでしょう。

管理人さんというのは、これから新生活をおくっていくなかでお世話になっていく人のなかの一人でもあるのですから、心を込めた挨拶というものをおこなうことが大切になってくるのです。

引越し前の挨拶のときには、基本的にいくら管理人さんに対してでも手土産といったものはいらないとされています。しかし、引越し後の挨拶のときには2000円程度の手土産と一緒に改めて挨拶に伺うようにしましょう。

挨拶のときに用意をする手土産ですが、日本茶やコーヒー・紅茶セットや菓子折りといったものが一般的となっています。品物自体も大切なものですが、何よりも心を込めた引越し挨拶というものをするように心がけるようにしましょう。そうすれば自然と管理人さんとの付き合いというものも良いものへとなるものなのです。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ