• 引越し 挨拶 近所

引越しの為の情報サイト

引越し先の近所への挨拶方法

引越し先の近所への挨拶というものは一昔前においては必ずおこなわなければならないもののはずだったのですが、近年においては都市部を中心に引越し挨拶というものはあまり積極的にはおこなわれなくなってきているのです。

そのため近所の付き合いというものも疎遠となってしまって、名前と顔をいったものさえ知らないという人もいるのです。更に一人暮らしをしている人であれば、引越しの挨拶というものさえ面倒に思ってしないということまであるのです。

それでも家族で引越す場合や、マンションなどではなく一軒家などに引越す場合には引越し挨拶というものは必要なものになります。

これから新生活をおくっていくなかにおいて、子どもがお世話になることがあるかもしれませんし、地域のイベントや行事ごとにも顔を出さなければならなくなるときもあります。そんなとき、近所へ引越し挨拶をしておけば自然を輪の中に入りやすくなるというものなのです。

もちろん一人暮らしをしている人であっても引越し挨拶をすることは良いことです。挨拶をされて嫌な顔をするという人はそうそういないというものですし、顔を合わせたときには気軽に話しをすることもできるはずです。

引越し先においての近所への挨拶というものは地域の風習といった違いもあるものです。不安や疑問に思うことがあるのであれば、事前に不動産会社の人や、大家さんや管理人さんたちに引越しの挨拶まわりというものはしたほうが良いのかという相談をしておくのも良いでしょう。

近所に引越し挨拶をしなければならないと考えてはいても、どのお宅までに挨拶をするべきなのかが難しい問題になるものです。昔から向こう三軒、両隣と言われているのでこれを参考にしていきましょう。それからマンションやアパートに引越し挨拶をする場合には、両隣と上下の計4世帯に、一軒家の場合には自分の家の両隣2軒と向かい側のお宅とその両隣3軒の計5軒に引越しの挨拶をおこなっていくことが一般的になっています。

引越し先での挨拶は、なるべく家族全員でおこないましょう。名前と顔を覚えてもらうことも出来るので家族全員が揃っていたほうが良いのです。

挨拶するのは、なるべく引越し当日かどんなに遅くなったとしても引越し後2,3日以内には終わらせるようにしましょう。ただ引越しという作業は近所の方に迷惑をかけてしまうこともあるので、可能なのであれば引越し前にも一言挨拶をしておくことも良いでしょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ