• 引越し 挨拶 隣人

引越しの為の情報サイト

引越し先の隣人への挨拶の注意点

引越しの挨拶をするときにはマナーというものがあります。それをきちんと守っていないと常識が無い人と思われるだけではなく印象といったものも悪くなってしまう原因の一つともなってしまうことがあるので最低限の挨拶のマナーといったものは守りましょう。

まず、引越し先の挨拶をするときには手土産が必要になります。豪華なものでなくても良いのです。ちょっとしたものでも良いので手土産といったものは必要になります。手ぶらで挨拶まわりなんてことをしていたら非常識人と見られてしまいます。

また、引越し挨拶の際に持っていく手土産は立派なものでなくても良いのです。ちょっとした日用品といったもので十分なのです。ただし、「赤のし」を付ける必要はあります。日用品のなかで洗濯用洗剤といったものが多く手土産としておくられているものになります。洗濯用洗剤であれば誰もが日常的に使うものになりますし、どこでも買うことができるものです。使用期限といったことでトラブルが起きることも少ないのでオススメです。

大手の引越し業者さんに引越しをお願いしたときには、その引越し業者から挨拶用の手土産品といったものを買うこともできます。

洗剤以外と挨拶用の手土産として持っていくのであれば、タオルも良いでしょう。食べ物を持っていくという人もいるかもしれませんが、なるべく食べ物は賞味期限といった問題もあるのでなるべく避けるべきです。

挨拶用の品物として洗濯用洗剤といったものが良いとは挙げましたが、なかには他人から洗剤をもらうことに嫌悪をするという人もいます。自分の体や環境といったものに信念を持っている人たちであれば自然成分の石鹸といったものを愛用していることが多いために合成洗剤といったものには強い反感を持つ人が多いのです。

何が好みなのか嫌いなのかということは実際に挨拶をしてみて会ってみなければわからなかいことです。もちろん自分の好みが他人にも通じるとは限りません。前もって何らかの形で好き嫌いといったことを知っておいたり人それぞれの好みがあるということをしっかりと心に留めて置く必要があります。

あくまでも手土産を受け取る受け取らないという問題よりも、しっかりと隣人へ挨拶をおこなうということが一番重要になってくることなのです。きちんと顔を合わせて挨拶をすることが大切になるので手土産の好き嫌いだけにとらわれて人の印象の善し悪しというものを決めつけてはならないのです。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ