• 引越し 業者 おまかせ

引越しの為の情報サイト

引越し業者におまかせする引越しとは

引っ越しの作業は、手間隙も労力もかかってとにかく大変。できることなら引っ越し業者にすべてまかせたい、というのがホンネでしょう。また、現実問題として、荷物の量が膨大だったり引っ越しまでの時間がなかったりして、自分たちではすべてに手が回らないという事態も発生するでしょう。でも、そんな願いをかなえてくれる業者も最近は増えてきました。

しかし、いくら「おまかせ下さい!」と言われても、どこまでおまかせにしていいものでしょうか?やはり限度というものもあるでしょう。引っ越し業者におまかせする引っ越しとは、どのような内容なのか、見ていきましょう。

梱包の「おまかせ」の類のサービスは、ほとんどの業者が行なっています。荷造りのみ、荷造りと荷解き、部屋限定など、細かい指定にも対応してくれます。これらは、収納されていたものを取り出して梱包し、引っ越し先で元の収納具の中に戻して、一日も早く引っ越し前と変わらない生活に戻すお手伝い、と言うことができるでしょう。

その作業をスムーズに進めてもらうためには、梱包時に依頼主が作業員に、品物の要・不要、新居での配置など適切な指示を逐一出していくことが必要となってきます。それがないと、「とにかく詰めて」では、引っ越し先で大混乱を招くことになります。「おまかせ」と言っても、やはり最低限の手伝いはしなければいけません。

また、掃除や洗い物など、梱包主体の「おまかせ」メニュー以外のサービスを要求するのは論外です。「何でもやります」という言葉の意味を履き違えない(または、曲げて解釈しない)ことも大事です。

「快適な新生活をすぐに始めるためのお手伝い」というのが、引っ越し業者の「おまかせ」の意味だと思って下さい。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ