• 引越し 準備 住所変更

引越しの為の情報サイト

引越し準備 住所変更の方法

引っ越しの準備の間に、いろいろなところへの住所変更の届け出も忘れずにしておきたいもの。何かとバタバタしている時だから、なるべく手間と時間をかけることなく、しかも確実に済ませたいものです。そのための方法をお教えしていきます。

まずは、役所への転出入届け。これは、引っ越しの2週間前から始めて下さい。転出する役所の窓口に届け出て転出証明書の交付を受け、それを転居後2週間以内に引っ越し先の役所に提出することで、転入の届け出が完了します。必要書類を郵送して転出手続きを行なってくれる市区町村もあるようです。また、住民基本台帳カードを持っている場合は、郵送で転出手続きを行なっていれば、転入先の役所でカードを提出するだけで転入の届け出は完了します。尚、転出届を提出する時に印鑑登録の抹消も行なわれますので、登録証も持参して返納して下さい。

国民健康保険は、引っ越し前の市区町村に保険証を返納し、引っ越し先で新たに交付を受けなければなりません。届け出には印鑑や転出証明書などが必要です。こちらも、転居後2週間以内に済ませなければなりません。

国民年金は、引っ越し先の役所に年金手帳を持参して住所変更をするだけでいいです。市区町村によっては、住民票の住所変更を行なうと、国民年金の方も自動的に手続きしてくれるところもあるようです。

電気・ガス・水道は、直接電話する他にインターネットでも手続きができる場合が多いようです。ただし、ガスについては閉栓に立ち会わなければならない場合もあります。これらは、引っ越しの1週間前までに届け出を済ませておきましょう。

電話の移設は、116番に電話するかインターネットで申し込むことができます。ただし、工事は予約制なので、特に引っ越しシーズンに転居する場合は早めの申し込みが必要です。また、この手続きが済み次第、インターネットのプロバイダーへの届け出も行なって下さい。どちらも、引っ越しの1ヶ月前までに済ませておけば安心です。

郵便局や銀行、クレジットカード会社に保険会社への届け出は、電話・郵送・インターネットなど様々な方法があります。それぞれの届け出先に問い合わせて、なるべく簡単な方法で済ませましょう。

自動車・自動二輪・軽二輪についても、転出先での届け出のみです。ただし、管轄の警察署や陸運支局など、届出先や必要書類も多岐にわたりますので、事前に問い合わせるなどして、きちんと準備しておきましょう。

また原動機付自転車は、現在住んでいる市区町村の役場で一旦廃車の手続きをしてナンバープレートや標識交付証明書を返納し、転居先の役場で改めて再登録するという形です。

本当に数が多くて大変ですが、ネットなどを使って自宅でできるものや転居後でいいものもいくつかありますので、優先順位を決めてしっかりと計画を立て、手際よく済ませていきましょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ