• 引越し 準備 梱包

引越しの為の情報サイト

引越し準備 賢い梱包方法とは

引越し荷物の梱包にはいろいろな方法があります。ここでは、だいたい何処の家庭にもあるような家具といった荷物の梱包方法を紹介していきましょう。後々の引越しの際には参考にしてみると良いでしょう。

まずは、洗濯機についてです。洗濯機は完全に排水しておく必要があります。当たり前なことでもありますが、衣類といったものはすべて取り出しておきましょう。洗濯機置き場といったものは引越し先によっては建物の中だったり外だったりすることがあります。また、場所も一か所しかありません。

大型の洗濯機の場合は転居先の設置場所への搬入が可能なのかどうかということをしっかりと調べておく必要があります。洗濯機の取り付けや取り外しといった作業は簡単なことが多いものなので、引越し業者がする場合が多いものの有料サービスとなっているところもあるので事前に確認しておきましょう。

次に、テレビ・オーディオ製品についてです。近年では少なくなってきたブラウン管テレビは基本的には重い上に重量バランスが悪いものとなっています。特に28インチ以上の大きなテレビとなると、重さだけで50キロ以上になる場合もあるので下手に動かしたりすると腰を痛めてしまったり転倒して怪我をしてしまう恐れもあります。

最近主流になってきている液晶やプラズマといった薄型テレビはブラウン管ほどの重さといったものはありませんが、やはりそこそこの重さといったものがあるのでテレビは引越し業者に任せるようにしましょう。自分でやることといったら、テレビの後ろの配線を外しておくことぐらいにしておくのが良いのです。

コンポやラジカセといったものも引越し業者が梱包してくれることがほとんどです。ラジオの受信エリアといったものはテレビほど範囲といったものは狭いものではありませんが、引越しをして地方が変わると周波数が変わってしまいます。ラジオの設定は引越し業者ではおこなってくれないので自分でするか、近くの電気屋にて相談することにしましょう。

そして電化製品についてです。電子レンジの場合は、中の回転皿がガラス製の場合は別に梱包する必要があります。照明といったものは、買ったときの箱があればそれを使うのが一番良いのですが、無い場合であれば電球などとぶつからないように丁寧に梱包していきましょう。また、別の箱に入れるなどの工夫をして保護をするように梱包していくことも必要になるのです。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ