• 引越し 準備 荷造り

引越しの為の情報サイト

引越し準備上手な荷造り方法

引っ越しの準備の中で一番大事で大変な作業が荷造り。手間もかかる上に体力も使います。ムダに労力を使わずに済むように、上手な荷造りの方法をお教えしましょう。

まずは梱包資材を揃えること。段ボール、ガムテープ、はさみ、カッター、紐、マジック。そして、緩衝材として使うための新聞紙、チラシ、エアーキャップ(いわゆるプチプチ)などが主なものです。事前に依頼しておけば、引っ越し業者が提供してくれる場合もあります。また、古いものでもよければ、スーパーなどで使用済みの段ボールをもらってくれば、経費の節減にもつながります。

次に、あらかじめ引っ越し先の住居の下見をしてから、内部の図を書きます。そして、部屋ごとに番号かアルファベットを振っておき、段ボールにそれを一つずつ書いていきます。それぞれの部屋に置くものを分類した状態で荷造りしておけば、引っ越し先で業者が荷物を搬入する時に場所を指定できるし、荷解きの作業も効率よくできます。また、番号や文字は、荷物を積み上げた時にどの方向からも見えるように、各面に書いておきましょう。

いよいよ荷造り作業開始ですが、その前に優先順位を決めておきましょう。まず、現在済んでいる住居の奥の方の部屋から始めること。早々に玄関や居間などを荷物が占領したりするのを防ぐためです。また、それぞれの部屋でも奥の方から荷造りしていきましょう。その際には、その季節に使わない衣類や家電製品から詰めていくように心がけて下さい。

段ボール箱は底が抜けないようにしっかりと補強して、重いものや大きいものを底の方に、また持つ時のことを考えて左右のバランスもとりながら入れていって下さい。部屋の中に箱を積み上げて置く時も同様に、重い箱や大きい箱から積み上げていくことがポイントです。また、本など重いものをまとめて入れると、箱がとても重くなるので、上の方に軽いものを入れるなどして、それぞれの箱がなるべく同じぐらいの重さになるようにしていくといいでしょう。それぞれの箱に中身を書いておくと、荷解きのときに便利です。

最低限の食器や洗面道具など、引っ越し直前まで使ったり引っ越し後すぐに使うようなものは、別にしてまとめて詰めておくと、いざという時に困りません。

ビンや食器など割れやすいものは新聞紙やエアーキャップで包み、万一割れた時のためにビニール袋に入れておいたら安心です。刃物類は厚紙などで包んでおきます。

風呂場や洗面所で使うシャンプーや化粧水など液状のものは、しっかりとフタを締めてから、こぼれた時の用心に一つ一つビニール袋に入れて、立てた状態で箱に入れて下さい。

布団を運ぶには布団袋を使いましょう。上から入れるのではなく、たたんだ布団の上から袋を被せてひっくり返すと、簡単に袋に入れることができます。使い捨ての紙製のものを提供したり、丈夫な布製のものをレンタルしてくれる引っ越し業者もあります。

タンスの中身を入れたまま運んでくれる業者もありますが、タンスが重みで歪んでしまう場合もありますので、戻す時の手間を省くため引き出しごとに箱に移した方が無難です。

テレビやAV機器などの配線は、外してからそれぞれに記号などを付けておくと、転居先で再び接続する時に混乱せずに済みます。取扱説明書も一緒にしておくとなお便利です。

パソコンは、万一の時のためにデータのバックアップを取った上で、エアーキャップで包みます。引っ越し先で配線などまでしてくれる業者もあるようです。

一番手間のかかる作業ですが、工夫して時間と労力をかけずに済ませましょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ