• 引越し 準備 冷蔵庫

引越しの為の情報サイト

引越し準備 冷蔵庫編

引っ越しの時に、大きな家電製品の運搬には特に手間がかかります。その中の一つである冷蔵庫は、毎日の生活に密接な関係があるので、慎重に扱わなければなりません。その方法を具体的にお教えしましょう。

まず、荷造りの前日までに中の品物を全部出し、中を完全に空にしてしまいます。その上でコンセントを抜いて、ドアを全開にして冷気と湿気を取ってしまいます。冷凍庫の製氷皿なども、きちんと空にしておきましょう。

この際、霜が付いていると水が出てくることがあるので、冷蔵庫の中や置いてある床にタオルや雑巾を敷いておいた方がいいでしょう。霜取りの機能が付いている機種ならば、取扱説明書に従って使用するとよいでしょう。

中で冷やしていた食料品は、引っ越しまでに消費してしまった方が無難ですが、残ってしまった場合は氷や保冷剤等と一緒にして運ぶとよいでしょう。また、臭いがうつらないように他のものと分けて運ぶようにします。

冷蔵庫を運ぶ時は、必ず縦にしておくことが大事です。横にしておくと、圧縮機のなかの冷凍庫オイルが冷却システムの中に回って、故障の原因になる可能性があります。

引っ越し先に着いたらさっそく使用再開と行きたいところですが、オイルやガスが安定するまで1時間ほど待ってから電源を入れるようにしましょう。また、電源を入れてから庫内が冷えるまで、通常で2~3時間、夏場なら10時間かかるとされていますので、その間はなるべくドアを開けず、十分に庫内が冷えてから食品を入れるのが望ましいです。

毎日の生活に欠かせないものなので、移動させるにも丁寧に取り扱いましょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ