• 引越し 準備 単身

引越しの為の情報サイト

単身引越しする人の準備すること

単身で引っ越しするというのも、意外に大変。特に、初めて一人暮らしをする人は不安もいっぱいでしょう。それなのに、もし引っ越し先で何もかも一人でしなければならなかったら…。そんな時の苦労を減らすためにも、どんな準備をしておいたらよいのか、詳しくお教えしましょう。

まずは、引っ越しのスケジュールをきちんと決めること。そこから逆算して、いろいろな準備や手続きを進めていけば、土壇場になって慌てる必要もなくなります。荷造りはもちろん、後片付けまできっちりできるように、余裕を持たせた日程がいいでしょう。

日程が決まったら、次は引っ越し業者の選定。これは引っ越しの中でもかなり重要なことです。最近は各社とも単身引っ越し用のメニューが充実してきたので、選択肢は充分。値段がリーズナブルというのももちろんですが、家具などの梱包を任せることができたり、事前に頼めば梱包資材を提供してくれるものもあります。

また、最近では不要になった家電品の引き取りや、盗聴器の電波チェックまで無料でしてくれる業者も登場しました。ネットなどで無料見積りが簡単にできるところも多いので、ご自分の状況に合わせて、少しでも費用と手間隙をかけずに済む業者やコースを、じっくりと選ぶことが肝心です。

ただし、春先など引っ越しシーズンの場合は、思うように業者が押さえられない場合もあります。こういう時期には、先に業者を決めてから、話し合いの上で日程が決まる、という状況になるかも知れません。臨機応変の対処が必要です。

引っ越し先の住居の下調べも肝心です。荷造りの合間にでも、家具の配置など新居の中のレイアウトをあらかじめ考えておくと、向こうで業者に適切な場所に荷物を置くように指示できるし、それで荷解きの後の手間もかなり減らすことができます。

家の中だけでなく、周辺地域のことも詳しく把握しておくことが肝心です。各種の届け出をする役所は?近所にコンビニやスーパーは?一番近い駅やバス停は?引っ越したらすぐにでもお世話になりそうな、生活に関係する施設は絶対に要チェックです。特に女性の場合は、交番など警察関係の施設の場所は必ず頭に入れておいた方がいいでしょう。

引っ越し先のご近所への挨拶回りで配る品物も、早めに揃えておきましょう。向こうに着いたらなるべく早くご挨拶をして、仲良くしてもらうように心がけて下さい。そのためにも、現地でようやく準備を始めるのではなく、前もってしておくことが不可欠です。

役所などに提出する書類なども、事前に用意できるものがあれば準備しておいた方がいいでしょう。引っ越した直後は、特に一人暮らしならばやることが山のようにあります。効率よく、そして確実に片付けられるようにしておいて下さい。

皆さんそれぞれのケースによっては、他にもやらなければ生けないことは出てくるかも知れません。最初の方にも書きましたが、やり残しがないように余裕を持って、落ち着いて準備することを心がけて下さい。そうすれば、引っ越し先での新しい生活が、より充実したものに出来ることでしょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ