• 引越し 準備 当日

引越しの為の情報サイト

引越し当日に準備する事や物

引越しの当日、引越し業者が来る前までには運ぶ荷物というものをすべて梱包しておく必要があります。荷造りというものが終わっていないと、場合によっては引越し業者に運ぶ荷物として認めてもらえないという可能性もあるからです。そうなってしまうと、引越し先まで自分で運ばなければならなくなってしまう場合もあるのです。

引越し業者としても、決められた時間に遅れるわけにはいきません。次に引越しの予定も入っている場合もあるのですからなるべくスムーズに引越しを進めていきたいものです。追加料金といったものや引越しに関してのトラブルを起こさないためにも、引越し準備の荷造りといったものは前日までには終わらせておく必要があるのです。

当日、引越しの荷造りに適していないとされている通帳や現金といった貴重品の類はお客様自身で管理して持ち歩く必要があります。

引越し業者が到着したら、作業リーダーを紹介されてくるので引越し代金を支払う必要があります。現金払いでおこなう方法もありますが、クレジットの普及が進んでいるためにクレジットを使用した支払い方法といったものもあります。

代金を支払った後には、引越しの段取りについて打ち合わせをおこなっていきます。このときに、運ばなくて良いもの、高価なものがある場合には必ず事前に引越し作業員の人たちに伝えておく必要があります。

引越し作業員の人たちの邪魔にならないように引越し作業中は見守っていることが得策になります。引越し作業に慣れていない人が下手に手出しをして邪魔になってしまうと引越し作業がスムーズに捗らないということもありますし、家具を傷つけてしまうこともあるからです。

作業中であれば、片付いた部屋の掃除を進めていくことにしましょう。雑巾で床を拭いたり軽く掃除をしていくだけでも時間を有効に使えることになるのです。

荷物をトラックに運び終えたら、すぐに忘れものといったものがないかということを確認しておくことも必要になります。最後の確認のためにおこなっていきましょう。また、引越し作業員の連絡先といったものを聞いておくのも何かと便利になることがあるので時間の余裕があったら聞いておくのも良いでしょう。

新居への荷物の搬入の際、特に大きな家具であれば曖昧な位置を示すのではなく具体的な位置の指示を出して設置してもらうようにしましょう。重いものであれば一度設置したら移動させるのも大変なものですからなるべく一度で設置は終わらせたいものです。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ