• 引越し 準備

引越しの為の情報サイト

急な転勤だって楽勝!賢妻は引越し準備も上手です。

"急に転勤が決まった!というのは、サラリーマンならよくあること。旦那さんは仕事が忙しくて全く身動きが取れない!新居はどうしよう?子供の学校は?急に大忙しでパニックになりそうですが、こういう時こそ奥様の腕の見せ所。どうせやるなら少しでも気持ちの良い新生活を迎えられるように張り切ってがんばりましょう!

新居を決めたらいよいよ引越準備をスタート。まず何から手をつけたらいいと思いますか?不用品の処分です!引越し荷物が減ればそれだけ引越し費用が安く上がります。着なくなった洋服、使わないバッグは思い切って友人に譲るかリサイクルショップへ。

それから本が好きな方は要注意。何度も読み返す本って意外に少ないものですよね。転勤の度に運ぶより何年かして読み返したくなったら図書館やブックオフでまた手に入れればいいのでは?よく検討してみましょう。

古くなった家具、これを期に買い替えを検討してみてもいいでしょう。とりあえずクローゼットや押入れの中に閉まっておいたけど、全然使っていない物って必ずどこのお宅にもあるものです。売れそうな物はリサイクル業者へ!

引越し先に持っていく荷物の目処がついたら、引越し業者の選定です。これはインターネットでの一括見積もりサービスを利用するのがいいでしょう。見積もりを出してもらうのは無料ですから、必ず比較してから決めるようにしましょう。もちろん値引き交渉も可能ですよ。

見積もりについては、オンライン上に入力した情報や電話のやり取りだけで費用を教えてもらえる場合と、引越し業者が訪問して実際の荷物を確認してから見積もりを出す場合があります。家族単位で引越しをするなら、後者の訪問見積もりをお勧めします。

なぜなら、家族の場合は大型の家電や家具などが一通り揃っていますから単身者よりも荷物が多いです。当日になって手配したトラックに入りきらなかったということになると段取りが狂ってしまい余計な手間や苦労が増えるからです。

あなたにとって最も条件の良い引越し業者、引越し日が決まったら!一番面倒な住所変更手続きをします。事前にリストアップして確実に順序良くこなしましょう。事前の下調べが大切です。

主な手続きは以下の通り。
*市役所(転出・転入届 国民健康保険)
*電気・ガス・水道
*電話
*銀行・保険・クレジットカード
*インターネットプロバイダ
*電話
*新聞購読

また、忘れてはならないのが転居通知ハガキの準備と、ご近所へのご挨拶でしょうか。ここは特にあなたの賢妻ぶりを親戚や、ご近所にアピールするチャンスですので、そつなくこなしましょう。

最近はご近所への挨拶を省略する方も増えていますが、お子さんがいる場合はきちんとご挨拶しておくのが無難です。迷った場合は不動産屋さん、大家さんに聞いてみましょう。それから、もし社宅に引っ越す場合はご挨拶は必須です!規模によっては全世帯にご挨拶する場合もあるようなので、社内の方に聞いてみるのが良いでしょう。

サラリーマンの引越しの成否は奥様の段取り次第。しっかり者の賢い奥様には旦那さんも頭が上がらないはず!"

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ