引越し



今引越しを考えている人に見てもらいたい情報が満載です!近くの町でも遠くに引越しをされる方でもお役に立てる情報ばかりを掲載しています。

↑便利な一括見積もりがおすすめ!

★メニュー★

引越し 単身/ 引越し 手続き/ 引越し 挨拶/ 引越し 業者/ 引越し 準備/ 引越し 相場/ 引越し 荷造り/ 引越し 見積もり/


★最新記事★

"格安の引越し方法は引越しの内容によって違います。

まずとにかく一番お金を使わなくて済むとしたら、自力で自家用車で一人で引っ越すことです。これはガソリン代しかかかりません。ただしこれが可能なのは一人で運べるサイズの家具しかないこと、車を持っていること、体力があることです。もちろん怪我や破損は自分の責任です。

これにもし友人を一人頼むとしたら、ここからすでにリスクと多少の費用は発生します。大抵の人は食事代くらいは出すでしょうし、友人が怪我をしたら、家具を壊してしまったら?さらに、もし車を持っていなくてレンタカーを借りるとしたら?こう考えると引越し業者の提供している単身者用の引越しパックは2万円くらいから可能ですから、そちらの方がお得な気もします。破損した場合も保険が下ります。

あなたが家族での引越しを格安でしたいのなら、これは自分で引っ越すのは全くお勧めできません。荷物が多くて、大型の家電や家具がある場合はリスクも大きく、人手も必要です。業者に頼みましょう。余計なサービスをつけずに梱包も全て自分でするシンプルなプランを選べば、それほど高額にはなりません。

安い業者を見つける方法ですが、一括見積もりサービスを利用します。複数社に見積もりを出してもらい予算に合った業者を選べば良いのです。家族引越しには訪問見積もりが一般的ですので、営業担当が来た際には即決せずに「他社にも来てもらう予定なのでその後でお返事します」とはっきり伝えます。そこで営業によっては、値引きするので即決してください、と言う場合もあります。それであなたが納得のいく金額ならばもそれも良いですが、断ってもしつこく契約を迫られることがありますので、そういった対応が苦手な方は一人で対応せず、ご家族や友人に同席してもらうと良いでしょう。

一般的に、大手の業者は高めの価格設定で、値引きしてくれる率も低めです。しかし営業担当によって対応も違いますので値引き交渉をしてみる価値はあります。その際は、大手に値引き依頼する前に中小の引越し業者から安めの見積もりをとっておいて提示するのがポイントです。大手の営業だとしても、わざわざ出向いてくるからにはできれば契約を取りたいのです!強気にいきましょう。

価格ももちろん大切な選択基準ですが、格安なら他の条件はどうでもいいのかと言われるとそうではないでしょう。大切な荷物を預けるのですから社員の質も大切です。安い上に信頼できるという会社はたくさんあります。問い合わせをする際には満足のいく対応をしてくれる会社かどうか、よく見極めるようにしましょう。"

"「引越のサカイ」でおなじみのサカイ引越センターは引越し一筋で40年!引越し専門の業者というのが強みです。主な引越しプランは以下の通り。

1、らくらくコースA(食器から家具まですべての梱包、荷解きまで全部おまかせ)
2、らくらくコースB(食器から家具まで全ての梱包はしてくれるが、新居での荷解きは自分で)
3、プレミアムコース(食器から家具まで全ての梱包、荷解きまでおまかせのらくらくAコースにダスキンのお掃除サービス付)
4、せつやくコース(大型家具の梱包のみ、食器等の小物は自分で梱包)
5、ご一緒便コース(急ぎでない荷物を経済的に運ぶために)
6、建て替えコース(荷物の長期保管をお願いしたいときのために)

忙しいからすべてお任せしてしまいたい!という方にも、安くなるなら梱包くらい自分でやる!という方の要望にも応えられる頼もしいラインナップはさすが専門業者です。

有料でのオプションには
*ピアノ輸送の専門スタッフが梱包・運搬。希望によっては調律もお願いできます
*エアコンの取り外し、取り付け
*ハウスクリーニング
*盗聴器発見
*防震グッズの施工

盗聴器の発見サービスは一人暮らしの女性にはとても心強いサービスですね。さらにサカイは社員教育の徹底にも定評がありますし、全国140社の強力なネットワークで日本全国どこへでも安心して引越しができます。

このようにお勧めできるサカイですをさらにお得に利用できる方法が、一括見積もりサービスを利用することです!複数社の見積もりをあらかじめ手に入れておけば、サカイの営業担当が訪問見積もりに来た際に値引き交渉にもつかえます。営業担当はわざわざ出向くわけですから、できれば契約を取るつもりでやってきます。何も予備知識がなく相場も知らないと、言われるままにサインすることになってしまいます。

相手もプロですから値引き交渉されることには慣れています。それを見越してやや高めに値段設定している場合もあるでしょう。どこまでなら要求できる金額なのか把握しておくことでお互い不快な思いをせず折り合いをつけることができます。なお、引越し業者は時期によって価格設定も違いますからどの日程なら安くなるのかも聞いてみると良いでしょう。"



↑便利な一括見積もりがおすすめ!

Copyright(C)