• 引越し 費用

引越しの為の情報サイト

自分で引っ越すのは本当に安上がり?引越し費用とリスクの関係

"自分での引越しとは、引越し業者に頼まず自分で車も人手も確保して、梱包資材の準備、荷造り、荷下ろしをすべて自分で行います。
この方法ですと、まず車を持っているかどうかで予算が変わります。持っていない場合はレンタカーを借ります。車種にもよりますが、引越しですから軽トラックやバンを借りるとすると24時間で10000~15000円程度。その他保険やガソリン代がかかります。
レンタカーの場合は日帰りできる距離でないと高くつきますので、同じ県内や近所への引越しに適しているといえます。

また、引越しの繁忙期は早めに予約しないと引越しに適した車種は全てレンタル中ということもあります。逆に言えば、それ以外の車が余っている季節なら他社の値段を提示して値引き交渉もできるでしょう。自分の車で引越しできる場合はレンタル代がかからない上に、自分のペースで何度かにわけて少しずつ運ぶこともできるのが大きなメリットです。特にガソリン代があまりかからない距離の場合にはおすすめです。

次に人手の手配です。家族や親しい友人1~2人に全くの無償で手伝ってもらうのなら、人件費はかかりません。しかし一般的に友人や同僚に頼む場合は謝礼や食事を準備する方が多いと思います。ここであまり気を使いすぎると業者に頼むより高くつく場合もありますので気をつけましょう。

また宅配業者でも引越し用のサービスを提供しているところがあります。1点だけ自分の車で運べない大きな家具があるというような場合は、レンタカーを借りず宅配便の引越しサービスを利用するという手もあります。それから日用品は、わざわざお金をかけて運ぶよりも引越し先で買った方が安くつく場合もありますのでよく検討する必要があります。

自分で引っ越す際のデメリットですが、まず、荷物の破損があった場合は自己責任であるという点があげられます。やはり素人ですから梱包が甘くなります。車に積み込む際や荷下ろしの際に家具を傷めたり、新居の畳や床を傷つけて修繕費がかかる場合もあるでしょう。また、悪天候だった場合に梱包がしっかりできていないと電化製品を濡らして故障させることもあるかもしれません。さらに万が一事故があって友人が怪我をしてしまったら、後味の悪い結果になってしまいます。業者に頼めばこのリスクは保険でカバーできます。

自分で引っ越す際にかかる費用にリスクの可能性を加味すると、一括見積もりサービスを利用して業者に値引き交渉した費用の方が安く思えることもあります。とりあえず引越し業者へも見積もりを依頼して費用をよく比べてみてください。どちらを選ぶかはあなたの荷物の量と価値観次第。いずれにしても引越しの先にある新生活を気持ちよく始められることが、一番大切です。"

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ