• 引越し 見積もり

引越しの為の情報サイト

引越し業者から底値の見積りを引き出すのはこの方法

"進学や転勤による引越し。新しい生活を気持ちよくにスタートさせるためにもなるべくストレスのない引越しをしたいものです。

まずは、引越し業者を選定しましょう。会社から指定された業者がある場合は迷うこともありませんが、大抵の人は、たくさんの業者の中から自分で選ばなければなりません。そこで業者に引越しの見積もりを依頼します。

最近は、相見積もり(通称:あいみつ)が基本です!数社に見積もりを依頼して比べることで、料金の相場や各社が提案する様々なサービスについて新たに知ることができますし、交渉によってなるべく安い料金で引越しをすることができるのです。

とはいえ、引越しが決まった慌しい生活の中、いちいち一社ずつ連絡する時間はありませんね。そこで、無料で利用できるインターネットでの一括見積もりサービスを利用する方が多いです。

一括見積もりサービスの利用の流れは以下の通り

1、引越しの一括見積もりサービスを行っているサイトにアクセス
2、指定のフォームに必要事項を入力する
(引越し先の住所、予定日、所有する家財道具に関する情報等)
3、入力した案件に対応できる業者から連絡が入る
(見積もり方法には、オンライン上ですぐに金額を提示する場合や、実際に訪問して見積もりする場合が
あります。)
4、見積もり結果を比較、検討する
5、選定した業者に引越しを依頼する

一般的にご家族での引越しの場合には、実際に荷物の量を確認して査定してもらう訪問見積もりが安心です。

これならば、荷物が思ったより多くてトラックに積みきれなかった等のトラブルになる心配もありません。逆に一人暮らしで比較的荷物が少ない方、仕事が忙しくて訪問してもらう時間が取れない方などは、手軽なオンライン見積もりを利用されるようです。

一括見積もりサービスでのメリットは価格や条件を比較して選択できるというところですが、では、注意すべき点はどこでしょうか。

現在では誰もが料金やサービスを比較して業者を決めるわけですから、業者の側としては「何とか訪問の約束を取って見積もりを取らせてもらおう、他者よりも安く提案しよう」と必死です。一括見積もりで依頼すると、多くの業者から連絡が入ります。ぼんやり対応していて、10社も家に来られてははたまりません。

電話を受けた時点で数社に絞り、他社はきっちり断りしましょう。また訪問の際も、他社と比較したいので後日返答するという旨をきちんと伝えてください。もちろん、1社目で納得のいく料金と良い提案を受けられて気持ちよく決められたのなら問題はありませんが、担当者に泣きつかれて仕方なく決めて後から後悔するのは残念です。

様々な提案やサービスの中からあなたにとって必要なものを見極め、なるべく条件の良い見積もりを手に入れましょう!"

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ