• 引越し 料金

引越しの為の情報サイト

女性向け引越しサービス増加中!引越し料金には安心料も加えたい!

"一人暮らしの女性にとって引越しは一大事。何しろ重労働ですから、多少体力に自信があっても大変に疲れる作業です。ですから引越し準備は余裕をもって早めに効率よくすすめたいものです。

更に女性の一人暮らしの場合はいろいろな面で不安がありますので、とにかく安く引っ越せればそれで良いという方よりも、気持ちよく安心できる引越しを望まれる方の方が多いでしょう。

経済的に安く引越したいのなら、まずは不用品の処分から始めます。何年も着ていない洋服、使わないバッグ等は思い切ってリサイクルショップに出してもいいでしょう。本や雑誌も定期的に処分しないと増えるばかりですからこれを機会に処分するとすっきりします。そろそろ買い替えようと思っていた日用品ならわざわざ運ぶよりも、新居で新しく購入した方がいいかもしれません。

一通り処分が終わり、新居に運びたい物の目処が立ったら引越し業者を探します。これはネット上での一括見積もりサービスを利用するのが便利です。簡単な入力で一度にたくさんの業者へ依頼をすることができて、その後、条件に合う業者から電話やメールで回答が届きます。

一般的には、実際に訪問してもらって家具や荷物の量を確認してから見積もりを出してもらう方が当日のトラブルを防ぐためにも確実な方法ですが、女性の場合はいくら見積もりの為とはいえ、知らない男性を部屋に入れるのは抵抗がある方も多いと思います。そういう方はメールや電話のやり取りのみで見積もりを出してくれる会社を選びましょう。その際は細かな点まできちんと確認してくれる会社を選ぶことが大切です。

見積もりを比較する際には、料金だけではなくさまざまなサービスやキャンペーン、口コミの評価等を考慮すると満足度の高い選択ができるでしょう。最近では以下のような女性向けのサービスを提供している業者もあります。

・男性に一人暮らしの部屋や荷物を見られたくない、女性の搬送員にお願いしたいという方のためのレディースサービス(大型家具があると男性が加わることもあります)これは荷造りからお願いしたい方に特におすすめです。
・大型家電の取り外しと設置
・防犯サービスとして、新居に盗聴器がしかけられていないかの調査

こういったサービスは女性にとっては、料金の安さ以上に嬉しい要素であると思います。特にレディースサービスを表示していなくても、業者によっては「梱包と荷解きだけでも女性にしてもらいたい」という希望を受け付けてくれる場合もありますので交渉してみましょう。

また荷物が少ない場合は、自分でレンタカーを借りて引っ越す方もいます。その場合、荷物の運搬でおそらく男手は必要になりますが、家族や友人に頼めば、見ず知らずの人に部屋を見られるリスクは避けられます。いずれの方法にしても女性の一人暮らしの引越しは、料金とサービスのバランスだけでなく、防犯や安心感についても考える必要があります。"

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ