• 引越し 荷造り 一人暮らし

引越しの為の情報サイト

一人暮らしの引越し荷造り方法

家族揃って引越しをするのであれば皆で分担して荷造り作業といったものを進めていけばスムーズに引越し当日に向けて作業を終えていくことができるかもしれません。しかし、一人暮らしだと引越し作業といったものは全て一人で作業をおこなっていかなければなりません。引越しの荷造り作業というものはとても大変で時間のかかるものになっています。そんな荷造りだからこそ、余裕を持った手順で作業を進めていきましょう。

まずは、荷造りのためにダンボールを用意する必要があります。引越し荷造りのために必要なダンボールは大手引越し業者の場合だとサービスでついてくることも多いのです。ただ、中小業者の場合はダンボールさえも別途料金がかかることが多いので事前に調べておくことが良いでしょう。

一人で引越す場合は自分で何もかも準備をしなければなりません。もちろん荷造りも、です。ダンボールは、近くのスーパーで貰ってきましょう。ダンボールといったものは無料で自由に持って行くことができるものなのです。数に制限などなく、いくつでも持っていくことができるのです。しかもスーパーに置いてあるダンボールはいろいろな大きさのダンボールがあるので、荷物に合わせてダンボールの大きさといったものも合わせていくと良いでしょう。

荷造り手順は、あまり普段使わないものからまずダンボールに詰めていきます。季節外れの衣服といったものや小物といったものはまずダンボールに詰めていくものになります。それから新居先にて使うために新しく買ったものも先に荷造りしていくものになります。新居先で使おうと思っているものであれば今は使う必要がないものだからです。

そして、引越し日が近付いてきたら食器や身のまわりの小物といったものを詰めていきましょう。

そして、荷造りの際にはダンボール箱の外にある程度の中身の種類といったものを記載しておきましょう。電気コードといったものはバラバラになると何処のものか分からなくなってしまう場合が多いために紙テープやふせんといったものを付けてわかりやすく区別しておきましょう。

貴重品といったものは、自分で持っていきましょう。間違ってもダンボール箱のなかに入れて業者の人に運ばせるようなことにはならないように注意しましょう。

当然のことかもしれませんが、最後には忘れものがないかということをきちんとチェックすることが重要です。意外とベランダや外に忘れものをしてしまう人が多いようなので気を付けていきましょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ