• 引越し 荷造り 家族

引越しの為の情報サイト

家族での引越し荷造りの方法

家族での引っ越しとなると、荷造りの人手がある程度確保できる反面、荷物の量も多いなど大変なこともあります。規模が大きい引っ越しを、どうすれば効率よく進めることができるか。その方法をお教えします。

基本的に、単身でも家族でも、引っ越しの準備としてやることは同じです。普段使わないもの、時季的に今使わないものなどからはじめ、部屋の奥の方に収納してあるものから順に梱包していきます。新居の部屋に番号を割り振っておき、その番号を箱に書いておけば、引っ越し先での搬入や荷解きの時に混乱せずに済みます。

当然ではありますが、その際、各自それぞれの品物だけをまとめて梱包し、箱にも名前を書いておくべきでしょう。梱包の作業が遅れて出発が近づくと、慌てて手当たり次第に同じ箱に詰め込み、新居に着いてから自分の物をどこに入れたか分からなくなる…という事態が起こらないとも限りません。

引っ越し業者によっては、大型の家具や家電製品の運搬など負担の大きい作業を任せて、その他を自分たちでやってしまうことで、料金が安くなる場合もあります。費用を安く抑えたい場合は、できる限り自分たちでやってしまった方がいいでしょう。

家族だと人手が確保できそうですが、子供やお年寄りなど引っ越しの作業に駆り出すことができない人もいます。そういう人が多いと、限られた人数でさらに膨大な量の作業を行なわなければならなくなります。そういった場合は、引っ越し業者が荷造りまで行なってくれるコースを利用した方がいいかも知れません。ただ、この場合も、こちらはまったく何もしなくてもいいというわけではありません。男性作業員に見られたくないような女性ものの下着類などは自分で梱包しておくべきでしょう。また、作業員の人たちが梱包しやすいように荷物をまとめておけば、ちょっとした気遣いにもなり、また結果的に作業が大いに捗ることにもなります。

引っ越しは大きな作業だから、家族が一致協力してスムーズに進むよう、みんなで努力したいものです。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ