• 引越し 荷造り コツ

引越しの為の情報サイト

引越しの際の荷造りのコツ

引越しの日程というものが決まったら出来るだけ余裕をもって荷造りを始めていきましょう。荷造りというものは考えているよりもかなり時間のかかる作業となってしまうものなので、引越し予定日から遅くても2週間前までには荷造りを始めていくようにしましょう。引越し前日や前夜といったものは引越し当日に向けてゆっくりと体を休ませておく必要があるからです。

引越しの荷造りというものは玄関から一番遠い部屋から、もしくは普段使用していない物といったものから始めていくとスムーズに進めていくことができるのです。荷物を詰め終わっていくダンボール箱で部屋のなかがどんどん狭くなってしまうというものなので、まず詰め終わったダンボール箱を置く場所を確保しながら作業を進めていきましょう。あらかじめ一つの部屋をダンボール置き場にしてしまうのも良いでしょう。

大きな家具や家電といったものは引越し当日、引越し業者が引越し専用の資材といったもので包装する形になっていくので特に手をつけておく必要はありません。この際、必要のなくなってしまった家具や家電といったものがあるのであれば思いきって処分してしまうのも良いでしょう。

荷造りを進めていくなかで箱詰めの基本となるものがあります。軽い物といったものは大きな箱に、重い物といったものは小さな箱に入れていくことです。また積み重ねられていくということを考慮してなるべく隙間ができないように詰めていくことがコツになるのです。どうしても隙間が空いてしまうようであれば、新聞紙などを丸めて詰めていくだけでも積み重ねに対して強度が増してくるものになるのです。

箱詰めをする際には、重さというものにも注意する必要があります。重すぎてしまうと引越し作業員でも持てなくなってしまうことがあります。また、重すぎて底が抜けてしまうこともあるので箱詰めをする際には適当な重さに調整をしておく必要もあるのです。

引越し先ですぐに使うようなものといった荷物は手持ちの荷物として、ある程度まとまった数を入れておくと良いでしょう。タオルや下着といったものはこのように荷造りをしておくと良いでしょう。どこに入れてあるのか、忘れやすく多くの荷物のなかでは見つけづらいものになるので手持ちの荷物扱いにしておくと良いでしょう。

また、荷造りの際には何がどこに入っているのか忘れないようにちょっとしたメモを残しておくこともオススメです。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ