• 引越し 荷造り キャメル引越しセンター

引越しの為の情報サイト

キャメル引越しセンターの荷造りのアドバイス

引っ越し業者の中でも大手の一つであるキャメル引越センター。プロである彼らが、引っ越しがスムーズに進む荷造りの方法をアドバイスしてくれているので、ここでもそれをお教えしましょう。

キャメルの基本プランの「荷造り便」と「らくらく便」を利用する場合には、キャメルのスタッフがほとんどすべての梱包をしてくれます。その他のコースの場合は、利用者は小物類を段ボールケースに詰めておかなければなりません。

家具や電化製品はスタッフが梱包してくれます。テレビなどのAV機器は、電源コードや配線類をまとめて束ねておきましょう。リモコン類もまとめて1つの箱に入れておきます。

冷蔵庫は、前日までに中身を処分してしまった上で電源プラグを抜き、底の水受けに溜まった水を捨てておくこと。運搬直前に電源を抜いたり水を捨ててなかったりすると、融けた霜やこぼれた水で、他の荷物が濡れてだめになったり、冷蔵庫自体が故障したりします。

洗濯機も、中の水は必ず抜いておくこと。また、ホースの中の水も要注意です。

ヒーターやストーブの中の灯油も、燃やしきってしまわなければなりません。

タンスや衣装ケースは、中身が衣類だけならばそのまま運搬してくれますが、引き出しを外して運搬する場合もあるので、肌着などは段ボールに移しておいた方がいいでしょう。和服は、シワにならないように専用の段ボールケース(頼めば有料で用意してくれます)に移し替えておくこと。洋服ダンスは、中身をスタッフがハンガーボックスに移し替えてから運んでくれます。

食器は、チラシなどで1つ1つ包み、みかん箱サイズの段ボール箱に梱包して下さい。包装紙も有料で販売してくれます。

不要になった家電製品や家財道具が発生した場合は、提携のリサイクルショップを紹介してくれるので、相談してみるといいでしょう。

現金・印鑑・通帳・キャッシュカードなどの貴重品、そして危険物・骨董品・動物などは、目を離さず必ず自分で運びましょう。

やれることはこちらで、きちんと指示通りにやっていれば、業者の方でもスムーズに作業を進めることができます。キャメルに依頼する時は、以上のことに気をつけておきましょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ