• 引越し 荷造り ペット

引越しの為の情報サイト

ペットの引越し荷造り方法

引っ越しの時、意外に頭を悩ませるのがペットの取り扱い。“家族の一員”であるペットは、どのように荷造りして運べばよいのでしょうか。最適な方法をお教えしましょう。

基本的に、引っ越し業者はペットを運搬してくれませんので、自分で連れていかなければなりません。でも、移動方法やペットの種類などによっては、いろいろな問題が伴うこともありますので、注意が必要です。

どのような移動手段を使うにしても、ケージやキャリーケースに入れてあげましょう。車に乗せた時には、安定するのでペットも快適に移動することができます。また、これらを使えば、ペットの種類や大きさによっては、手荷物扱いなどいくつかの方法で、公共の交通機関に一緒に乗ることもできます。

まずは、マイカーで移動する場合。ペットを乗せる十分なスペースがあれば、一緒に連れて行けますね。ただし、ペットが車などに酔ったりする場合もあります。車での移動に事前に慣らしておく、酔い止めの薬を飲ませるなど、自分で簡単にできる方法がいくつかありますので、かかりつけの動物病院などに相談しておいた方がいいでしょう。

公共交通機関の場合は、乗せられる種類や入れ物の大きさ、料金などは交通機関によって違いますので、事前に問い合わせておいて下さい。また、他のお客さんも乗っていますので、鳴き声などで周囲に迷惑をかけることがあるかも知れません。それに、連れてきた種類の動物が苦手という人が近くに乗っている場合もあります。周りのお客さんには十分な配慮が必要です。

熱帯魚などの場合は、ビニール袋に移して水と酸素(タブレットなどを活用しましょう)を入れ、パンパンに膨らませた状態で口を結んで運びます。夏場は保冷剤を使った方が安心です。

また、ペット輸送専門の業者もありますので、ペットの種類や移動距離などの問題で、どうしても自分で連れて行くのは難しいという場合は依頼してみましょう。専門の知識と技術を使って大事に運んでくれるので安心です。

ペットも快適に引っ越しできるよう、十分に神経と手間隙を使ってあげたいものです。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ