• 引越し 荷造り ポイント

引越しの為の情報サイト

引越し荷造りのポイント

引っ越しの中で最も手間がかかるのが荷造り。引っ越し全体「がスムーズに進むかどうかは、この作業にかかっています。要領よく荷造りをするポイントをお教えしましょう。

まず、荷造りを本格的に始める前にしておいた方がいいのが、不要品の処分。余計な荷造りをしなくて済むし、空いたスペースも有効に使えます。リサイクル業者にまとめて引き取ってもらえば、処理費用もかからずに済みます。

さて、いよいよ作業開始です。まずは、普段使わないもの、時季的に今使わないもの、奥の方の部屋のもの、部屋の奥の方に収納されているものから梱包していきましょう。引っ越し当日まで使う日用品などは、引っ越し先でもすぐに使いますから、なるべく最後に包みましょう。

梱包した荷物を入れた段ボール箱には、中に何が入っているかをはっきり書いておきましょう。引っ越し先での荷解きの時に便利です。また、新居のどの部屋に運び込むかを決めておいて、それぞれの部屋に番号を割り振って、その番号を箱に書いておくと、搬入する時に引っ越し業者に指示がしやすくなります。その意味でも、梱包は部屋毎にまとめておいた方が間違いありません。

現金・印鑑・通帳・キャッシュカードなどの貴重品、危険物、動物などは、引っ越し業者は運んでくれません。専用の袋を用意するなどして、自分で運びましょう。

冷蔵庫や洗濯機は水抜きをきちんとしておきましょう。ストーブなどの中の灯油も使い切ってしまうこと。輸送中に水や灯油が漏れ出て、他の荷物が台無しになる恐れがあります。

テレビなどAV機器のコードや配線は、まとめて束ねておきましょう。リモコンなどもまとめて梱包しておくと、引っ越し先で慌てずに済みます。

壊れやすい食器類は新聞紙などで包んで、お皿は立てて、コップなどは伏せた状態で段ボール箱に入れていきます。重いものをしたに入れ、隙間にも新聞紙などを詰めて、輸送中の衝撃で割れないようにしておきましょう。

荷造りはもちろん、新居での荷解きの時も、なるべく手間隙と労力をかけずに済むよう、計画的に梱包していきましょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ