• 引越し 荷造り 食器

引越しの為の情報サイト

引越し 食器類の荷造り方法

引越しの荷造りを上手く進めていったとしても引越した先で荷物を広げてみれば破損していることがあります。それは必ずしも引越し業者の荷物の扱い方が悪いとは言い切れません。準備段階において荷造りの仕方によっては食器も簡単に破損してしまうこともあれば、まったく傷一つ付くことないものもあるのです。それは荷造りの段階において注意をしていけば傷を防ぐことができるのです。

引越しに伴う食器の荷造りのコツは、新聞紙で包むことです。一人暮らしにおいても食器が多い場合であれば、一ヶ月分ぐらいの新聞紙が必要になってくるものなのです。雑誌といったものでも代用はできますが、大きさが小さいことと紙が上質ということで破ることに手間がかかってしまうこともあり新聞紙が最も適しているのです。

箱に詰める前には、箱の底に新聞紙を敷きつめてクッションを作っていきます。キレイに敷こうと思わず、なるべく適当に新聞紙をくしゃくしゃにしながら底に敷きつめていくと中に入れていく食器の衝撃吸収性といったものが増すのです。

ダンボール箱の準備が整ったら引越し先に持っていく食器を入れていきます。食器は一つずつ新聞紙で包むようにして重い物から順に入れていき箱のなかになるべく隙間ができないように詰めていきます。もしも隙間ができてしまった場合には、紙を丸めて隙間部分へと入れていくと隙間が丁度良く埋まっていきます。ただし、隙間を埋めようとして無理に食器を詰め込んでいき破損させないようにしていく注意が必要になります。

また、特に割れやすいグラスといったものは、新聞紙を二重・三重にして包んでいくことで運送の際の揺れなどで割れたり傷ついてしまうことを防ぐことができるのです。ダンボールのなかには割れものが入っているということを伝えておくために、「割れもの」といった記載をしておくのも良いでしょう。引越し作業員も慎重に運んでくれるようになります。

ダンボール箱の上側や横側といった場所に「割れもの」といった記載や「小物」といった記載をしておくだけでも引越し作業員の人にはダンボールの中身といったものがある程度把握することができるのです。大切に取り扱ってもらいたいものをダンボール箱で運んでもらう際には荷造りの段階においての注意といったものも必要になってくるのです。

後になってきちんとした荷造りが出来ていなかったためにグラスを割ってしまったということがないように気を付けていきましょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ