• 引越し 相場 時期

引越しの為の情報サイト

引越し時期による相場の変動

引越し料金というものは、年間で安くなる時期というものと高くなってしまう時期があることをきちんと知っている人というのは意外と少ないと思われます。引越しをするならば誰もが引越し料金といったものをおさえたいと考えるものですから、料金が安くなる時期と反対に高くなってしまう時期というものを紹介していきましょう。時期と引越し料金の関係性を考えて引越しをするのも良い節約術の一つになるのです。

一年間のうちで最も引越し料金が安い月というのは1月なのです。そして、最も高額な引越し料金になるのは引越しシーズンといわれている3月になります。3月といえば年度末ということから、企業や学校などあらゆるシーンにおいて新年度・新生活に向けた新体制を準備していくものです。

そんな3月という時期に、人の移動に伴った引越しが増加してしまうということは避けられないこととなるのです。それだけ引越しの依頼が増えれば引越し業者の作業員たちの負担もかなり大きいものになります。

また、月日とは関係なく土日祝日も引越しにかかってくる料金というものは割増となってくるものです。やはり土日祝日といった日にも引越しをする人が多いために引越し料金といったものも高くなってしまうのです。

土日祝日、そして大安や連休といった時期にも引越しをする人が多いためにこれらの時期には、ほとんどの引越し業者において引越し料金が自然と割増になっているのです。

反対に、引越し件数が少なく引越しにかかってくる料金が割安になるという時期というものは1月を含めて6、11,12月になります。所謂、閑散期と呼ばれている時期になります。これらの時期は、引越しの依頼を一件でも欲しいと考えている引越し業者が多いものですからどうしても引越し料金というものも安くなってしまうのです。

同じ引越し業者であったとしても多忙になる繁忙期と閑散期とで引越しにかかる料金というものを比べてみると1,5倍~2倍ほども変わってくるといわれています。同じ引越し内容でもこれだけの料金の差が出てきてくるようであれば少しでも安い時期に引越しをおこないたいものです。

少しでも引越し費用をおさえようと考えているのであれば閑散期を狙って引越しをすることをオススメします。更に、最低限自分でおこなうことのできる作業といったものを自分自身でおこなっていくようにすれば更に引越し料金をおさえることができるのです。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ