• 引越し 単身 即日

引越しの為の情報サイト

単身引越しを即日で行うには

急な引越し、翌日引越し・当日引越しとなってしまった場合でも慌てる必要はありません。どんなにお急ぎの引越しとなってしまっても相談すればすぐに急な引越しでも取り扱ってくれるところがあります。

当日引越し・翌日引越しや3日後に引越しが迫っているなど、急ぎの引越しの相談も予約状況など可能な範囲で対応してくれます。単身赴任や急な転勤・就職に伴う急な引越しの際には相談してみるのが良いでしょう。

例え急な引越しの予定があったとしても良い引越し作業を進めていくためには必要なことがあります。

まず、荷物内容はできるだけ正確に伝えることが必要です。ダンボール2,3個前後の荷物の量であれば見積もり料金に然程変更するといったことはありませんが、大幅な荷物の連絡が怠ってしまうと料金の変更や場合によっては荷物を運ぶことができないということにもなります。予め荷物リストというものを作成してから相談していくことが引越し作業をスムーズに進めていくためには必要になるのです。

また、良い引越しを安く済ませるためには、荷造りの準備時間・新居への契約や手続き、鍵の受け取りの予定といったことも考慮していきましょう。業者によっては30分以上もの待機時間があった場合には超過料金をいただくこともあります。荷造りといったものには考えているよりも遥かに時間がかかるものです。無理のないよう時間帯には余裕を持って相談することも必要です。

ダンボール、資材、荷造りの手伝いを業者に依頼すると引越し料金とは別途に料金がかかってしまうことがあります。なるべく荷造り作業はお客様で準備されることをオススメいたします。どうしても荷造り作業のための時間がとれない場合には荷造りの手伝いには梱包作業は時間制、ダンボールの荷造り作業は必要量の実費にて承るというところがあります。連絡すれば詳細を聞くことができるので疑問があればすぐにでも連絡をするのが良いでしょう。

急な引越しの場合には、見積もりが無料になるというところもあります。インターネットで検索してみるとヒットしてくる業者があてはまりますので確認を取ってみるのも良いでしょう。

住所な荷物内容の詳細の連絡を取った後に、対応可能な場合であれば見積もりのプランや引越し料金の案内といったものもします。

急な引越しには早めの申し込みといったものも必要ですが、慌てずにプランやサービス内容といったものを検討してから申し込むようにしましょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ