• 引越し 手続き

引越しの為の情報サイト

はじめての引越しもこれで安心。引越し手続きマニュアル。

"引越しの何が面倒かといったら、それはやっぱり手続き関係です。まずは落ち着いて、やるべきことをリストアップしてみましょう。引越しの準備は1ヶ月くらい前から始めると気持ちにも余裕が持てますし、計画的に効率よく行動することができます。

<引越し前にすること>
・新居を決める- 当然ながら引越し先が決まっていないと話になりません。
・お子さんの転校手続き- 子供にとって転校とは人生の一大事です!心理面でのフォローもきちんとしてあげましょう。
・不用品は思い切って処分 - 引越し業者に見積もりを依頼する前に荷物を減らしておくと引越し費用が節約で きます。
・引越し業者を決める- これは直前ではなく、できるだけ早めにすることをお勧めします。引越しは日程によって金額設定が違うのです!春先や月末は希望の日がすでに埋まっていることも少なくありませんし、大安の日にこだわる人もいます。逆にそういった日以外は値引きの対象になることがありますので、交渉してみましょう。
・荷造り- ダンボールや梱包資材については、引越し業者と相談しましょう。梱包や荷解きまでしてくれるサービスもあります

そして手続きで重要なのが住所変更に関するもの。主な届出先は以下の通りです。自分の身の回りの契約についてどんな手続きが必要なのか、引越しが決まったら確認しておきましょう。

・市役所(転出届け・国民健康保険等)
・郵便物の転送依頼
・電話の移設連絡
・電気・ガス・水道
・銀行、保険、クレジットカードの住所変更
・新聞購読の住所変更
・インターネットプロバイダへ移転連絡

この面倒な諸々の手続きですが、なんと引越し業者の中にはこれの代行サービスを提供しているところもあります。とにかく時間がない!という方にはおすすめです。あなたにとってどの業者のどんなサービスが必要なのか、お財布と相談しつつよく検討しましょう。

ご近所付き合いがあった場合は最後に挨拶もきちんとしておくと気持ちよく去ることができます。世の中は意外に狭いもの。またいつどこでご縁があるかわかりません。

<引越し後にすること>
新居に着いたら新しい生活をスムーズにスタートさせるために、引越し前と逆の作業をしていくことになります。
・荷解き
・電気・ガス・水道
・市役所(転入届・国民健康保険・国民年金)
・運転免許証の住所変更
・自動車・バイクの登録変更
・転居通知発送- 新住所を友人や親戚に知らせる必要があります。
・ご近所への挨拶

ここまで来たら、いよいよ新生活のスタートです!引越しはストレスのかかる作業ですからあまり神経質に完璧を目指す必要はありません。ほどほどに肩の力を抜いて、新しい生活を楽しみましょう。"

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ