• 引越し 手続き 賃貸 解約

引越しの為の情報サイト

賃貸契約の時の引越し手続き方法

引っ越しが決まったらまず今借りて暮らしているアパートやマンションの大家さんに引っ越しすることを連絡しなければなりません。これを賃貸契約の解約予告といいます。解約予告をきちんとしていると思っていても、思わぬ落とし穴があって出費がかかったという人も多いのです。解約予告といったものには告知期間というものも設けられているのでしっかり守るようにしましょう。

賃貸契約の解約予告期間というものは、住んでいるアパートやマンションから出るときの数カ月前までには申し出なければならないものとなっています。多くは、一か月前までには申し込みを済ませておく必要があるところがほとんどとなっていますが、なかには3カ月前までには連絡をしなければいけないとされているところもあるのです。

解約の告知期間が契約書に書かれていないという場合は三カ月前には予告すると定められているという法律も定められています。

予告の申し込み期間といったものを知らずに自分勝手に一か月前や引っ越しをする数日前までに連絡すれば良いだろうと思いこんで連絡を先延ばしにしているとペナルティとして2カ月分の家賃を払わなければならなくなるときもあるのです。

ただでさえ引っ越しをするには何かと出費がかさんでくるものです。無駄な出費はなるべく避けたいものです。

どうしても予告期間内に連絡ができないという場合には、大家さんとよく相談して話しあったほうが良いでしょう。

また、賃貸契約解除届けの用紙というものは公団管理事務所か管理人にいえばもらえるものとなっています。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ