• 引越し 手続き 賃貸 契約

引越しの為の情報サイト

賃貸解約の時の引越し手続き方法

引っ越しの日が決まったら、賃貸解約の手続きを始めていきましょう。一日でも早いうちから引っ越しの準備と手続きを進めていくという心がけが必要です。

賃貸住宅に住んでいる人であれば、賃貸借契約書の解約予告の条項に従って貸主へ引っ越しをするということを通知していく必要があります。今住んでいる家の契約書を読み返し、解約予告の条項を確認していきましょう。解約の予告は一か月前などといった記載がされているものなので期限を遅れることのないように注意しましょう。解約予告が遅れてしまった場合、たとえ引っ越しをして部屋を引き払ったとしても日割り計算として家賃を支払わなければならなくなるのです。

日割り計算であれば大した家賃ではなさそうだから少しぐらい遅れても大丈夫などと思わないことです。たった数日分といってもとても痛い出費になってしまうものなのです。家賃の値段にもよるかもしれませんが、解約通知がたった3日遅れた場合であっても、1万円近く余分に支払う必要もあるのです。解約通知というものは早めに心がけましょう。

それから解約予告のときには調整をおこなっておきましょう。調整は引っ越し業者を決めていくときからおこなう必要があります。引っ越し業者を決めるときには、引っ越し日に家の解約する旨を引っ越し業者に伝えて、おおよその搬出時間を確認しておくのです。

次に借家の解約予告をおこなっていきます。解約予告のときに引っ越し業者から確認した搬出完了予定時間を不動産屋へと伝えるのです。

これらをきちんとおこなっておけば、引っ越し当日を待つだけになります。しかし、引っ越し当日の時間帯に不憫があるような場合は、不動産屋へと連絡を入れるようにしましょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ