• 引越し 手続き 役所

引越しの為の情報サイト

役所に提出する引越し前の手続き一覧

引っ越しをするときには役所へ足を運ぶ時間も多くなってきます。それは、役所において必要な手続きをしてもらう必要があるからです。きちんと手続きに必要なものを持って一つ一つの手続きを済ませていけば引っ越しにおいての手続きなんて簡単に終わるようなものなのです。面倒などと思わずにしっかりと手続きを済ませていきましょう。

引っ越しをする前に必要な手続きを役所でおこなうには、転出届けを提出する必要があるのです。今住んでいる場所から他の市区町村へと引っ越しをするような場合であれば、転出届というものを提出しなくてはなりません。この転出届を提出することによって転出証明書というものを発行してもらえるようになるのです。この転出証明書は引っ越した先で転入届を提出する際には絶対に必要となるものですから大切に保管しておく必要があるのです。

もしも同じ市区町村内での引っ越しをしたのであれば転出届ではなく、転居届というものを提出する必要があります。転居届を提出するので、転入届といったものの提出は必要ありません。

各住まいの役所だったり役場で転出届を提出しておきましょう。印鑑といったものが必ず必要になるので忘れないようにしっかりと持参してから足を運ぶようにしましょう。転出届は引っ越しをする2週間前には終わらせておくようにしましょう。

また、引っ越しをする前には役所や役場において転出届を提出するとともに国民健康保険の資格喪失届けといったものも提出しなければなりません。この手続きの際にも印鑑に加えて国民健康保険証といったものが必要になるので同じく忘れずに持参していきましょう。

きちんと準備をして、必要なものを持参していけば一度役所や役場に足を運ぶだけでいくつもの必要な手続きを済ませることができるのです。そうすれば何回も役所まで来る必要がなくなるので楽になります。書類の手続きの仕方がわからない、と不安に思っていたとしても役所や役場にいる人は丁寧に説明をまじえながら対応をしてくれるのでスムーズに手続きを終わらせていくことができるのです。

一人だけでは手続きの仕方についてわからないことも多いはずです。疑問や不思議に思うようなことがあればすぐにでも役所・役場職員の人に聞くようにしましょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ