• 引越し 手続き 住民票

引越しの為の情報サイト

引越し後手続き 住民票の移し方

引っ越しをした時には住民票を移さなければなりません。この手続き一つでも結構面倒だと思っている人もいるはずです。でも、きちんとした手順を踏んでいけばそうそう難しいことでもありませんし、あっという間に手続きが終わってしまうものなのです。

同じ市区町村のなかで引っ越しをした場合には、役場に転居届といったものを提出するだけで良いのです。しかし、その手続きの際には印鑑や身分証明が出来るものを持っていかなければなりません。転居届は引っ越しをしてから2週間以内に手続きを終わらせるようにしましょう。

今まで住んでいた市区町村から別の市区町村へと引っ越しをするような場合には、引っ越しをする前に住民異動届とも言われている転出届というものを提出しなければなりません。この転出届を提出すると転出証明書という証明書が交付されるのです。このときにも、必要となってくるものがあります。身分証明書といったものや印鑑、国民健康保険に加入している場合であれば国民健康保険証といったものも必要になってくるので忘れることなく持参していきましょう。

この転出届は引っ越しをする前、引っ越しをする2週間前までには届け出なければなりません。書類の提出期限といったものも決められているのでしっかりと守るようにしましょう。

引っ越しをする前に転出届を提出した後に、新住所において転入届をおこなうことによって住民票の移動をすることができるようになるのです。基本的には役所や役場において手続きをおこなうものですが、郵送によっても対応してくれるところもあるようなので気になるようであれば役所へと連絡を取ってみるのも良いでしょう。

この転入届は、転出届の際に交付された転出証明書と身分証明書と印鑑をきちんと持参して手続きをおこないましょう。この転入届というものは新しい土地に引っ越しをしてから2週間以内に手続きを済ませておく必要があります。

必要となる書類も用意しなければならなかったり、提出期限といったものもありますがきちんとメモを取るなどして忘れないようにしていれば手続きを怠ることなく済ましていくことができるのです。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ