• 引越し 手続き 住所変更

引越しの為の情報サイト

引越し手続き 住所変更の方法

引っ越しをすると現在住んでいるところから、新しく住むところへと住所を変更することになります。住所が変更することになれば、当然住所変更の手続きといったものもおこなっておかなければなりません。

引っ越しをする前には、転出届というものを役場に提出しておかなければなりません。窓口に行けば転出届というものをもらうことが出来るので必要となる記載をすれば転出証明書というものを発行してもらうことができるのです。この手続きをおこなうときには、印鑑が必要となってくるところもあるようなのできちんと準備をしておきましょう。ここで発行してもらった転出証明書というものは引っ越した先での手続きの際に必要となる書類になるのでなくすことのないよう大切に保管しておきましょう。

引っ越しをしてからは、転入届というものを提出しなければなりません。この転入届は引っ越しをしてから遅くても2週間以内のうちに新住所の役場に提出する必要があります。引っ越しをする前に発行された転出証明書と印鑑が必要となるので役場に行く際には忘れずに持っていきましょう。

また、例え引っ越しをした場合でも同じ市区町村内での新住所となる場合であれば引っ越し後の手続きは必要ありません。引っ越しをする前に転居届を提出したことで自動的に住所変更といったものがされるので手続きというものはしなくて良いのです。

もちろん住所変更以外にも引っ越しをすれば必要となる手続きといったものはたくさんあります。国民健康保険の加入手続きといったものや、国民年金の住所変更といったものの手続きも必要になるのです。住所変更をおこなうときに役場に足を運ぶのであれば同時にこれらの手続きも合わせて手続きを済ませておくのも良いでしょう。その際には必要となる印鑑や身分証明書といったものもあるので忘れずに持っていくようにしましょう。

引っ越しをする前にも後にも多くの手続きといったものが必要となります。多くの書類も必要になったり説明も必要になるものもあるかもしれませんから面倒と思う人もいることでしょう。しかし、新しい住所において新たな生活をおくっていくためには一つ一つの手続きをおこなっていくということは引っ越しを考えているうえではけっして避けては通れないものとなっているのです。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ