• 引越し 手続き 会社

引越しの為の情報サイト

会社の引越し(移転)手続き方法

会社の営業所を引っ越すことになった場合にも会社を移転する手続きといったものが必要になります。では、どのような手続きを必要としているのか知っていますか?一般の人であればなかなか関わることのないような手続きかと思われますが、きちんとした手続きをおこなっておかないと新住所において会社を経営することはできなくなってしまいます。

会社を引っ越す場合には、本店所在地の変更と変更登記といったものが必要になります。登記申請に必要な書類を作成することから始まっていきます。その必要な書類というもののなかには、転出と転入用の変更登記申請書、株主総会議事録、取締役会議事録、本店所在地決定書、別紙の登記申請書が必要になるのです。

これらの書類を完成することができれば、あとは法務局へと登記申請をしていくのです。提出先でもある法務局というのは旧本店所在地を管轄している法務局になります。登記申請をする期限というものは株主総会の決議の日から2週間以内となっています。とても慌ただしい期限を過ごすことになるかもしれませんが、手続きをおこなっていくためには必要となるものなので書類の日付といったものをきちんと確認しておくようにしましょう。

また、本店所在地変更登記が完了したら登記簿謄本と印鑑証明書を取り、必要となってくる通知や書類の届け出というものが必要になるのです。

必要となってくる通知や届け出となっているものには、取引先への通知、銀行口座への住所変更届け、損害保険などの名義人住所の変更届け、インフラ設備への届け出、賃貸契約先への通知、社会保険窓口への届け出、税務署などへの届け出、許認可の名義の変更届けといったものがあります。

本店所在地を変更した場合には必ず忘れずに届け出をしましょう。

最大50%OFFのお引越見積りはこちらから!

このページの先頭へ